血糖値を下げる方法 > 夏バテと血糖値

夏バテと血糖値

暑い夏の夏バテ時期にも血糖値に注意が必要です。
これはペットボトル症候群と関係していますね。

夏バテになりやすい人、なりにくい人がいるようですが、毎年夏バテになる人はできる限りの対策をしているかもしれません。
普段、夏バテにならない人がなった時は特に怖いですね。

夏バテは暑さで食欲がなくなったり、睡眠不足で体がだるくなったり、とにかく体調が悪くなります。
食欲がなく喉ごしの良いあっさりした食事ばかりになったり、ほとんど食事をとれなくなる人もいます。
それでも暑いから喉が渇き、水分を取りすぎることで更に体調が悪くなるのです。
この、水分の取り方や水分の中身で高血糖にも低血糖にもなるでしょう。

普段より食事量が減っていて、発汗量は増えていますから、ある程度のブドウ糖が含まれた水分を取るならば大丈夫だと思いますが、それを水代わりに飲んでしまったら高血糖になってしまいます。
逆に、食事でとる栄養価が少なく、エネルギーが足りない状態で水ばかり飲んでいたら低血糖になってしまいます。
これで夏バテが更にひどくなっているのかもしれません。
夏バテしてしまう人は、夏バテ時期の血糖値をコントロールすることも重要なのではないでしょうか。

毎年夏バテしてしまう人ならば、水分の取り方による危険性も知っているかもしれません。
スポーツ飲料や清涼飲料水を水代わりに飲むのが良くないというくらいの知識はあるのではないでしょうか。
血糖値のコントロールを心がけ、血糖値が上がってしまったら下げるようにしましょう。