血糖値を下げる方法 > 糖尿病による合併症

糖尿病による合併症

糖尿病は高血糖が続く状態ですが、先にも書いた通り、高血糖が続くことにより引き起こされる様々な合併症が怖いのです。
そして、合併症にかかるまで糖尿病に気付かない人が多いという現実があります。
血糖値に注意し、高めだと思ったらすぐに下げることを考えていたら、そんなことにはならないのです。

糖尿病の合併症の中でも早期に起こりやすいのが、神経障害です。
神経障害ですから手足のしびれ、痛むということがあります。
この症状はよく耳にする人も多いのではないでしょうか。
筋力が低下していき、感覚が鈍くなったりします。
感覚が鈍くなることにより、怪我をしても気付かずに過ごし、感染症を起こし、壊疽してしまうことさえあります。

合併症で網膜症になり、失明するという話しも聞いたことがあります。
高血糖により、網膜にある血管が詰まってしまい、視力の低下や失明に至ってしまうのです。
糖尿病で失明?と思う人も多いでしょうが、実際に糖尿病の合併症で失明してしまう人は多いのです。

合併症により腎症になってしまい、高血糖により腎臓の毛細血管を硬くさせてしまい、血液透析をしないと自力では血液のろ過ができなくなってしまうこともあります。

そして、高血糖により血管が硬くなってしまうため血管疾患にかかり、動脈硬化になり、動脈硬化によって心筋梗塞や狭心症、脳出血や脳梗塞にまで至ってしまうのです。

血管疾患もよく耳にする病気です。
このように、糖尿病によって様々な合併症が引き起こされる訳です。