血糖値を下げる方法 > 糖尿病とは?

糖尿病とは?

糖尿病は今では生活習慣病として誰もが知っている病気ともいえるでしょう。
太っているからかかる病気ではありません。
痩せていても糖尿病の人もいるし、最近では糖尿病にかかってしまう子供も増えてしまいました。
自覚症状がない人も多く、例え糖尿病と診断されても、これだけ耳にする病名なので対したことはないと思い込み、治療を受けなかったりします。

それでは、糖尿病とは一体どんな病気なのでしょう。
食後などに血糖値が上がりますが、インスリンというホルモンが分泌され、血液中のブドウ糖を私達の体のエネルギーに変えてくれるという役目を果たしています。
このインスリンのお陰で、上がった血糖値が下がり、通常に戻るのです。
高血糖は、そのインスリンの分泌が正常に行われなくなり、血液中のブドウ糖が多すぎる状態にあたります。
その高血糖が慢性的になってしまい、空腹時でも血糖値が126mg/dl以上になってしまうのが糖尿病です。
常に血糖値が高い状態で、自力で血糖値を下げることができなくなります。

上記のものは糖尿病そのものですが、もっと怖いのが糖尿病による合併症です。
糖尿病に気付かず、治療をせずに放置していると合併症を招きます。
合併症には実に様々なものがあり、死に至るケースもあります。
身内に糖尿病患者がいた場合はどうしても糖尿病にかかりやすくなってしまいますが、そうでない場合、血糖値に注意し、生活に注意すれば糖尿病にかかるリスクはとても減るのです。