血糖値を下げる方法 > 食事での噛む回数

食事での噛む回数

高血糖を改善するためには、食事の際によく噛むこともとても重要です。

肥満の人は早食いの人が多いですね。

それは噛む回数も大きく影響しています。

よく噛むことによって満腹中枢も刺激されますし、血糖値の上昇を抑えるのです。

それでも食生活を改善したばかりの人には食事の量が少なくて物足りないかもしれません。

そんな時はシュガーレスのガムを噛むと、噛むことによって食欲も抑えられます。

シュガーレスだからと言ってひたすら食べるのはよくないので、気晴らし程度に食べるのがいいですね。

健康な人でシュガーレスではない飴やガム、チューイングキャンディーなどをいつも口にしている人は血糖値に注意した方がよいでしょう。
ついつい口寂しくてダラダラと飴やガムなどを口にしていると、血糖値を必要以上に上げてしまいます。
高血糖に繋がるので、こちらも気晴らし程度に食すのが一番ですね。

逆に糖尿病で血糖値を下げる薬を服用している人は、薬の作用で低血糖になってしまった場合は、飴や砂糖、チョコレートなどで血糖値をコントロールしなくてはいけません。
コントロールするにも糖分の必要量を考えなくてはいけないてですね。
本当に難しいことですね。
糖尿病で高血糖なのに、その病気で低血糖を起こしてしまい、糖分をとらなくてはいけないのです。
血糖値を下げたり上げたり、コントロールすることに慣れるまではとても大変なのではないでしょうか。
無茶をせず、血糖値のコントロールに慣れることが必然です。