血糖値を下げる方法 > ウォーキングや体操などの運動

ウォーキングや体操などの運動

高血糖になってしまった場合、血糖値を下げるためにまずは運動が必要になります。

これは空腹時の血糖値が下がっている時間帯に行うと逆に低血糖になってしまうことがありますから、空腹時は避けた方がよいでしょう。

しかし、自分で勝手に決めて始めてしまってはいけません。

血糖値が高いと診断されたら、まずは医師の指示にきちんと従って運動を始めることです。

特に糖尿病患者で薬を服用している人は、運動によって低血糖に陥りやすいので注意が必要です。

特に激しい運動をする必要はなく、ウォーキングや体操などの軽い運動でよいのです。

今日はちょっと食べ過ぎたからいつもより激しい運動をしようなどといったことは禁物です。

気が向いた時だけするのではなく、毎日決まった時間に続けることが大切です。

糖尿病になりやすいメタボな人など、運動が苦手な人も多いでしょう。

ウォーキングや体操なら、いつでも誰でもできます。

そして、ウォーキングや体操などの有酸素運動が血糖値を下げるのです。

普段はウォーキングで、天気の悪い日は体操といったようにうまく組み合わせるのもよいですね。

朝食を食べた後、出勤する際にできるだけ歩くだけでもウォーキングになるでしょう。

お年寄りがある日突然ウォーキングを始めて倒れてしまったというニュースを目にすることもあります。

運動はよいことですが、何よりもまず、健康のために運動を始めようと考えるより、自分の体の今の状態を知ることが大切です。